小説

heard the echo 0

heard the echo 0  <Pro.>

耳が痛くなるほどの静寂が夜の海を支配していた。 音を無くした世界からの圧迫。 この状況を人間は《嵐の前の静けさ》というのだろうか? だが皮肉かな、本来この海域には、まるで海を寸断するかのような強い電磁波を伴った嵐が常に吹…

Vanilla

Vanilla

もしもこの世の中に天使って言う生き物がいて。 で、そいつが恋のキューピッド、なんつー肩書きを背負っているなら。 私はそいつに愚痴ってやりたい。   【Vanilla】   「……で、律儀に私のトコに愚…

re-CALL

re-CALL

「もしはぐれたら、それで合図な。 そしたらオレ、すぐに飛んでくるからさ。 ま、吹けるようになるまでは、はぐれないようにするってことで」 ◆ ◇ ◆ 「キョルワンキタハ、オムベンロズメミユ、ボルゴノツクニフガタミ」 流暢な…

Dear my Santa Claus

Dear my Santa Claus

ねぇ、お母さん、サンタクロースがお父さんって本当? よくある子供の質問だとは思うんだ。 だけどその質問は、今思えば、お母さんにはちょっと残酷な質問だったかもしれない。 いくみちゃんがね、サンタクロースはお父さんだって言っ…